自分だったら、そこで一生暮らしたい!

 

アレルギーの方でも安心して暮らしていただける、

そんな、きれいな空気の家創りをしています。

 

 

昨今、花粉症の影響もあってアレルギーという言葉を耳にする機会が増えてきました。

食物アレルギーはもとより、アトピー性皮膚炎、喘息、シックハウス症候群等、その範囲は多岐にわたります。

 

そういったアレルギーをお持ちの方々でも、安心して暮らしていける。

家族みんなが「すくすく」成長していけて、毎日を「わくわく」しながら幸せに毎日を暮らしていける。

 

そんな家を創りたいと思って、すくわくハウスをスタートさせました。

 

素材の選定からデザインまで、建築のプロとしての基準は、

「自分だったら、一生この家に暮らしたい」

 

すくわくハウスは、「心地よさ」を考え尽した、自分でも住みたくなる家を創りつづけます。

すくわくハウスを支える人たち

すくわくハウスは、安易な思い付きを根拠にした、家創りではありません。

シックハウス症候群、化学物質過敏症といった分野の第一人者、

最前線で活躍されている、以下の方々の適切なアドバイスをもとにしています。

ナイトウタカシ

【トータルサポート】

 

一級建築士

環境アレルギアドバイザー

 

 

今まで、たくさんの家創りに関わってきました。そんな中、偶然にも、アレルギーを持った方々と出会う機会がありました。そういった方々が、新しい家を創るのに、大変御苦労されていることを伺い、私の持っている知識、経験を生かすことで、そういったご家族が、自分らしく、快適に、生活していくためのお手伝いをしたい思って活動しています。

 

福田啓次

住生活環境研究所

【アドバイザー】

(設計関係)

一級建築士

他様々な資格あり

 

シックハウスという考え方が一般的に認知される前から、その危険性を伝え、現在もその第一人者として伝え続けている専門家で、NPO法人アレルギーネットワークの理事を務める等、アレルギーに対する知識、経験が豊富な方です。

アレルギーに関して不明な点が出てきた時、この方へ相談しながら家創りを進めてます。

 

 

 

磯崎真一

磯崎工務店

【アドバイザー】 

(工事関係)

 

 

 

 「衣食住を徹底的に考え、大自然に調和する建築をめざす」という理念をもとに、住宅のみならず、衣食の分野と提携して、ナチュラルライフを実践、提案しています。

 化学物質過敏症やシックハウス症候群への知識を活かした家創りの経験が豊富なので、工事はもちろんのこと、様々な側面でアドバイザーとして関わっていただきます。